新作パトレイバーEZYはあれから30年後の話?

パトレイバーの続編

 10月5から12日に山形県で開催「山形国際ドキュメンタリー映画祭」の1企画で、ヘッドギアの伊藤和典さんがトークイベントに登壇したのですが、

その際に現在手がけている作品が2本あるとし、そのうち一本がパトレイバーであるとの話が出たそうです。

 

 今回の山形のトークイベントに参加した他の方にも伺ったところ、同じような返答を頂きました。それによると、伊藤さんはEZY(イジー)のタイトルを話に出して30年後の話と仰っていたそうです。

 今までプロデューサーやヘッドギアの一部メンバーが新作のことを言っており、その度に記事を書いてきました↓

mech.hateblo.jp

mech.hateblo.jp

mech.hateblo.jp

mech.hateblo.jp

新作・パトレイバーEZY カテゴリーの記事一覧 - よろず手控え帖

 2017年2、3月にベルギーのアニメ映画祭で行われた真木プロデューサーのインタビューで、2030年というキーワードが出てはいました。しかし上の記事を書いた時点では「物語を最初からやり直すパターンのリブートやリメイク」なのか、「いずれかのシリーズの続編」なのかがハッキリしていませんでした。

 ところが今回、日本でヘッドギアのメンバーの口から「30年」という具体的な話が出てきた訳です。

 正確にどう発したのかは映像等がないので分かりませんが、Twitter投稿者やイベント参加者から出る「30年後」「30年経過」という語句からしても、基準となる年がある訳ですから、初期OVA、テレビシリーズなど、どれかのシリーズの続編と考えるのが自然でしょう。

 しかしパトレイバーのシリーズはパラレルワールドなので、「1998年に警視庁特車二課に第2小隊が設立されたが、特車二課は我々が知っているのとは全く別のメンバーだった。そしてその30年後の物語」とか、パラレルワールドだと色々出来る可能性もなくはないので断言はできませんが、さすがにこんなトリッキーな事は無いか。

 あとはEZYのポスターにあるイングラムはどういう扱いなのかと言う点。上に挙げた記事にも書いたのですが、9月に公開されたラジオで真木プロデューサーが語ったところによると「シナリオもまだ出来ていない」そうです。今回の山形のイベントでも伊藤さんが「まだポスターしかない」という話をしたそうなので、あれは単に宣伝用ビジュアルである可能性も?

 それともピースメーカーなど後継機を何らかの事情で放逐し、イングラムスーパーカブみたいに基本設計の多くが継承されて30年使われてると言うことなのか?他に何かひと捻りあるのか?今のところ謎です。

 更にお馴染みの特車二課キャラクターもどうなるのかなど、当分妄想やら考察やらが捗りそうです。

30年経過

 2016年10月15日(土)開催「機動警察パトレイバーREBOOT」公開記念トークイベントで、今後の展開について聞かれた出渕さんは「具体的に何も決まっていない」としながら、以下のように発言していました。

↓ニコニコのアカウントを持っていれば、アーカイブが無料で観れます。

live.nicovideo.jp

でまあそれで、やるとすればパトレイバーって常に何かこう、その放映もしくは上映されている時代よりも10年後先みたいな。設定はそうなんですけど、でもやってるのはその同じ時代っていうの、風景っていう形なんですけど、そういうスタンスになるんじゃないかなという感じはしますけどね。

出渕さんの言っていた、

  • 放映もしくは上映されている時代よりも10年後先設定
  • でもやってるのは放映上映時代の風景っていうスタンス

というのを考慮すると、機動警察パトレイバーという作品が発売された1988年の30年後(2018年頃)の物語ではなく、劇中で物語の始まりとなった1998年から30年後(2028年頃)。若しくは、パトレイバー2 the Movie(2002年が舞台)の30年後、2032年前後の物語という可能性が高いのでは。

 どっちにしても、この下の項目で取り上げた真木プロデューサーが「アニメはオリンピックまでにやりたい」というのが2020年の東京大会だとすると、その10年後である2030年が舞台というのは、出渕さんの発言からも可能性が高いと思われます。

 新作が公開なり放送される時期にもよるんですが、放送が2020年前後としてもまだ先になりますね。

 

作品の発表時期は?

 発表時期については、2016年12月に真木プロデューサーがゲストで呼ばれたこ

youtu.beネット番組では、

岡田「どの辺まで算段ついてるんですか?」

真木「とりあえずアニメはオリンピックまでにはやりたいと思ってます」

と語り(↑の動画の42分経過のあたりから)、その翌年2017年9月に公開されたネットラジオ番組では

agonp.jp

真木「今新しいアニメーションを作り始めてます。作り始めてますって言ったって、まだシナリオも出来てないから。ま、一体何年にね……」

<略>

真木「いわゆるシリーズ+映画、計画中で、何年になることやらね」

と語っています。

  他には上で書いた出渕さんが登壇したイベント中継で、「具体的に何か動いている訳ではない。ただし、何しろ再来年の2018年が30周年なので」というようなことを言っていました。

 さらにヘッドギアの伊藤さんは、2017年6月にフランス・アヌシー映画祭で公表された「パトレイバーEZY」のポスターを報じたネット記事に対し、

 と投稿しています。

 

 これらの発言からすると、新作発表の時期についてはまだ発表出来る段階にないが、ある程度の目標としてオリンピック(たぶん2020年の東京大会)ごろという感じでしょうか?

 新作が待ちきれなくて痺れ切らしてる人もいるようですが、アニメは企画から放送・上映までに2年はかかると聞きます。しかもこれだけ大きな作品ですし、真木プロデューサーも色々構想があるようですから、そうすぐに出来上がって来る物でもないでしょう。その時のために体調に気を付け待ちましょう。