読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パトレイバーの新たなプロジェクトとは?

パトレイバー アニメ

2016年10月

 2015年10月13日、株式会社ジェンコ・真木太郎社長のフェイスブックに、以下の投稿がされました。

 時期的には、『機動警察パトレイバー REBOOT』が東京・大阪の劇場で上映される直前の投稿です。

フェイスブックが利用を許可している埋め込み機能を使っていますが、「もっと見る」の部分をクリックすると全文表示されます。

2016年11月

 そして11月23日には、以下のような投稿がされました。時期的には、REBOOTが「日本アニメ(ーター)見本市」のWEBサイトで配信開始された日です。

2016年12月

 真木社長は、話題の映画『この世界の片隅に』のプロデューサーを務めています。12月4日に岡田斗司夫氏のニコ生にゲスト出演し、『この世界の片隅に』の事を語っていたのですが、その際に岡田氏にパトレイバーの事も聞かれていました。

 最初ニコニコ動画のを埋め込んでたんですが、ニコニコは読み込み遅いし、再生時間指定も出来ないので、YouTubeにアップされたのに変更しました。知らなかったんですが、ご丁寧に字幕まで付けてアップしてるんですね。

youtu.be

動画の42分頃から語っています。

岡田「次回作パトレイバー

真木「はい、パトレイバーはですね、5人のクリエーターの方がいて、もう一回なんかやろうよって事になってですね、たまたまあの最初のOVAを作った時の縁がありましたんで、もう一回面倒見てくれないかってことで。で5人からまあ……」

岡田「5人……5人と言うのは、えーと、ゆうきまさみくんと、押井さん、出渕さん、高田さん、伊藤さん。あっこの5人ともなんですか?」

真木「5人とも」

岡田「この5人一斉って珍しいですね」

真木「いやこの5人が共有してるんですね原作権として」

岡田「これまでこの5人全員が力あわせたのってテレビ版以降無かったんじゃないですか?」

(注:テレビ版の後にパトレイバー2 the Movieをヘッドギア5人全員参加してやっているので、これは間違い)

真木「そう、だから……」

岡田「(ニコ生のコメントを指して)みんなもコメントで驚いとる、え押井監督もって」

真木「そうですそうです」

岡田「押井監督がやると5人のパワーバランスが著しく押井監督側に寄るじゃないですか。俺自身としては、日本のアニメプロデューサーは押井守に金を渡してはいけない論なんですよ」

真木「いやいや、押井さんがじゃなくて、5人から一応まあ僕が預かったんですね」

岡田「はいはい」

真木「パトレイバーっていうその物をね」

岡田「その物」

真木「だから今考えているのは、アニメも作ったり、ハリウッドに行って実写も作ったり、中国に行って中国語版を作ったりとかっていう事をやりたいなという」

岡田「このご時世に、さらっと中国に行って中国語版っておっしゃいますよね。さすが金が動くところに真木太郎あり」

岡田「じゃあもう5人から預かったので、ある程度真木さんの好きに?」

真木「いや、好きにではないですね。みんなの許可もらわなきゃ行けないけども、いろんな事やりたいなと思ってますよね」

岡田「どの辺まで算段ついてるんですか?」

真木「とりあえずアニメはオリンピックまでにはやりたいと思ってます」

岡田「そのあとの実写っていうのもちょっと見えて来てるんですか?」

真木「実写はまあハリウッドを含めて、凄い有名な原作ですから、やりたいって会社複数ありますよね」

こんなやり取りがありました。字だけでは伝わらないので、動画を見てください。

 まぁプロデューサーがこういう事を言っていても、実現しないこともよくあるみたいですし、アニメと実写共に、正式に発表されるまでは、話半分に聞いておいた方がいいでしょう。

アニメ

 アニメの方は、フェイスブックの投稿にもありましたが、実現に向けて動いている最中?ニコ生で言っていたオリンピックが冬か夏で時期が変わるんですが、たぶん2020年・東京オリンピックまでに世に出す事を目標に動いているのでしょう。

 まぁ、動いていても結果実現しないとか、WXIIIのように世に出るまでえらい時間がかかる事も十分考えられますし、これも今の段階では話半分で聞いておいた方がいいでしょう。

実写

 実写の話は、ハリウッドや海外でやりたがっているプロデューサーや監督が居る、くらいの話でしょう。

 アニメやマンガの「ハリウッド版制作決定!」と話が出ても、結局制作にまで漕ぎ着けなかった例は複数あります。

 もう何年も前に、『ルパン三世』もハリウッドで活躍するプロデューサーに実写化権が売れて記者会見までしたんですが、結局あっちでは制作されませんでした。そう言えば『エヴァンゲリオン』も似たような話がありましたね。

 こういう事がどうして起きるかと言うと、いくつか理由があるらしいのですが「オプション」という仕組みと言うか、権利販売の方法があるからかもしれません。オプションというのは、期限付きで映像化権を売る方法です。期限が過ぎれば、その権利は権利者に戻るのです。

 実際に撮影に入る前、若しくはその予定前にこういう発表されたものの、制作に至らない作品はこれからも出てきそうです。

 

 パトレイバーに関しては、1997年頃にクリストフ・ガンズ監督(映画『サイレントヒル』や『ジェヴォーダンの獣』などの監督)が実写化しようとしていたのですが(イギリスのMANGA MANIAという本の1997年10・11月号の記事参照) 、制作を検討していた会社では予算がかかかり過ぎるという事で、制作に至る事無く終ったそうです。

 クリストフ・ガンズ監督はフランス出身で、日本のマンガやアニメに影響を受けたと語っています。日本人プロデューサーが製作総指揮したホラー・オムニバス映画『ネクロノミカン』の一篇で監督デビューしたのですが、この映画には金子修介監督・伊藤和典脚本の一篇も含まれており、オムニバスとは言え、ヘッドギアの一人である伊藤氏と共に同じ映画で名を連ねており、パトレイバーとの接点は一応あるのです。

 ガンズ監督の実写化検討が、バンダイビジュアル東北新社の承認を得てからの検討だったのか、実写化を持ちかけるプレゼン前の段階だったのかは不明ですが、海外の映画監督にも、パトレイバーを実写化したいと思っている人間がいたのは確かです。