よろず手控え帖

追記の多いブログ

劇場版「サンダーバード」の劇場公開吹替版が……

劇場版「サンダーバード」の吹替版

 人形劇『サンダーバード』のテレビシリーズは過去何度も再放送されているので、番組名だけでもご存じの方も多いかと思います。スーパーマリオネーションという人形劇手法が取られているのですが、その『サンダーバード』は2本の劇場版が制作され、日本でも1967年と1968年に劇場公開されました。

 その際に、テレビ版とほぼ同じ声の出演陣(ほぼと書いたのは『サンダーバード6号』ではジョンとアランの声が違うため)で日本語吹替版が制作されました。しかしこの日本語吹替音源は後に幻になります。1970年代以降に民放で放送されたものの、声の出演陣が一新された吹替で放送されます。

 さらに1990年前後に劇場版2本のVHSとレーザーディスクが発売されるのですが、ここでも劇場公開版吹替は収録されませんでした。LDではデュアル音声仕様で民放放送バージョンと、ビデオソフト化用にノーカット吹替が収録されました。LD付属の冊子の記述によると

当時の吹替版がTV放送用のバージョン(劇場公開版とはキャスティングが異なり、さらにカット部分がある)しか現存せず、新吹替版となった。当時のメンバーによる再録音という企画もあったがそうだが、諸々の事情で中止となったとのことだ。

というあっさりとした説明があるのみ。このノーカット版で再度声の出演陣が一新され、ここまでに3バージョンが作られたことになります。この冊子にはテレビシリーズの演出を担当した加藤敏さんが寄稿があります。

今回、日本語版の演出をした長編2本『THUNDERBIRDS ARE GO』と『THUNDERBIRD 6』は、前回私はタッチしておらず、今回初めて演出するもので、大変新鮮な気持ちで、演出にあたることが出来ました。新キャストの皆さんも精一杯頑張り、期待を裏切らない新しい「サンダーバード」の日本語版作品に仕上がったと思っております。

 そして2003年にNHKの教育テレビ(現在のEテレ)でテレビシリーズが再放送され、劇場版もNHK衛星(2003年7月28・29日放送)と教育テレビ(2003年8月16日・2004年1月1日放送)で放送されました。

 この際に、劇場公開版吹替音源の捜索が行われたものの、劣化したフィルムが見つかったが使えるような状態ではなかったという情報がNHK公式サイトに載ったらしいのですが、サイトリニューアルが繰り返されるなかで見れなくなってしまったようです。この情報元は見つからなかったのですが、NHK公式サイトアーカイブで音源に関する記述があるのを見つけたので、一応リンクを貼っておきます。

web.archive.org

 この時新しいバージョンの吹替が再度制作されます。テレビシリーズ日本語吹替出演者の中で、存命かつ業界から引退していない方々を再結集させて録音したバージョンです。物故者や引退した方の持ち役は、新たに別の役者に配役されました。この時に制作された吹替が、DVDに収録されています。再結集したキャストは、ジェフ(パパ)、スコット、バージル、ミンミン、ペネロープです。

ブルーレイ化の機に

 前置きが長くなってしまったのですが、2021年夏に劇場版2本が日本初ブルーレイ化されます。海外、本国イギリスではだいぶ前に発売され、そして何故か日本より作品の知名度が低いと言われるアメリカでも2回も発売されているのに、なんで日本で発売されないのかとヤキモキしていたので、このニュースはとても嬉しいものでした。

 

 

 そしてこのブルーレイは発売する株式会社ニューラインは、ビデオソフト化に際し日本語吹替収録にこだわりを持って発売してくれると、映画ソフト収集ファンに知られている会社です。

 今回そのニューラインの公式ツイッターアカウントで、サンダーバード劇場版ブルーレイ化にあたり、既に収録が決定している民放版/VHS・LD版/2003年NHK放送版に加え、何とか劇場公開版を収録できないかと音源探索を行ったとツイートがありました。

togetter.com

 一連のツイートは↑のリンクで読んでいただきたいのですが、かなり衝撃的です。

2003年までは確実に『サンダーバード』劇場版の日本語素材が16mmフィルムとして存在した

というのです。過ぎてしまった事なのであれなんですが、2003年のNHK放送の機会にレンタル用16mmフィルムまで手を広げて捜索していれば、間に合ったかもしれないのが悔やまれます。

 今回の話で重要なフィルムレンタル業者なんですが、上映会用に借りたサンダーバードが吹替版だった、という情報はずいぶん昔に2ちゃん(現在5ちゃん)のサンダーバード関連スレッドに書き込みがあったんでんですが、それが裏付けられた訳です。

 しかしまだ発見の可能性が全く無くなったわけではありません。今回の探索で、東北新社やその他権利元にないというだけで、日本各地にあったフィルムレンタル会社から何らかの理由で放出されたフィルムがあるかもという希望が湧きました。日本では『サンダーバード』はビッグネームの作品ですし、日本各地に存在したフィルムレンタル業者で取り扱いがあった可能性は高いでしょう。そういう所から廃業や借金のかたとか、いろいろな理由で持ち出された可能性も十分あるのではないでしょうか。ただそういうものがあったとしても、フィルムの状態がどうなのかが問題ですが……

 ヤフオクなどのネットオークションやメルカリ、実イベントではフリーマーケットや蚤の市、そういった場所で発見なんてこともあり得ます。特にヤフオクでは何故か放送用に使われたアニメのフィルムなどが出品されたり、映画の上映用フィルムの出品もあります。まぁ果たしてあのような出品が倫理的にどうなのかという話もあるんですが、サンダーバードのように「権利元にも存在しない」というような場合は、保存という観点から重要な機会と場となり得るのではないでしょうか。

 ちなみに『サンダーバード6号』のブルーレイには、

オリジナル吹替音源による『サンダーバード6号』ダイジェスト映像(約14分)

が収録予定となっています。約14分という尺も一致しますし、ダイジェスト映像はビクターから発売されたサンダーバード6号のソノシートからの音源が利用されているとみていいでしょう。

 劇場版サンダーバードソノシートはいくつか種類があって、ほとんどが声の出演がテレビシリーズとは別人なんですが、ビクターの6号ソノシートの音声は明らかに劇場公開版吹替から抽出し、ダイジェスト版に編集されたものなのです。この音源はDVD版には収録されておらず、初収録です。

マイク・トリムのインタビュー再放送

 2021年2月にスーパー!ドラマTVで放送された『マイク・トリム interview アンダーソン作品の時代』が5月2日に再放送されます。マイク・トリムのインタビュー類は日本ではあんまり眼に出来ないので、貴重です。

05/02(日)深夜3:00~4:30

bangumi.skyperfectv.co.jp

前回放送時の概要を引用すると

概要
スーパー!ドラマTVで放送される番組を様々な切り口で解説するオリジナル番組「スーパー!ドラマ オーセンティック海外ドラマ研究室」。今回はジェリー・アンダーソン作品のメカデザイナーとしても有名なマイク・トリムの貴重なインタビューをお届けします。


詳細
スーパー!ドラマTVで放送される番組を様々な切り口で解説するオリジナル番組「スーパー!ドラマ オーセンティック海外ドラマ研究室」。ナビゲーターは、海外ドラマにお詳しい編集者・ライターの岸川靖さん。今回は、「サンダーバード」「謎の円盤UFO」といったジェリー・アンダーソン作品で腕を振るったメカデザイナー/ミニチュアビルダー、マイク・トリムの貴重なインタビューをお届けします。

 

2021年12月新作映画公開?!SF特撮『サンダーバード』ビッグニュース!

 年度替わりの4月1日、『サンダーバード』のビッグニュースが飛び込んできました。なんと2021年12月に『サンダーバード1965』という映画が公開されるというのです。

www.advertimes.com

 ソース元は上記の記事。記事自体は『サンダーバード』とのコラボをしたい企業を募集(無償だそうです)という内容なのですが、この中で以下のように記載されています。

サンダーバード」は、2020年9月に生誕55周年を迎えた。12月公開予定の新作映画『サンダーバード1965』の封切りに向け露出を増やしていく中で、コアファンへのサンダーバードブランドの新価値訴求を目指している。また、「親がサンダーバードファン」といった、20~30代の若年層を含む新ターゲットの開拓も狙う。

---追記---

4月13日に見たところ、上記の12月公開予定の云々という部分が削除されていました。

---追記ここまで---

旧Thunderbirds1965の公式アカウントからもツイートがありました。

この『サンダーバード1965』というのは、サンダーバード50周年に企画された以下の企画

 

mech.hateblo.jp

で使用されたいたことのある題名です。その後、名称としては変更されたらしく、The Anniversary Episodesとなったようです。詳しくは以下の記事に書いています。

 

mech.hateblo.jp

 と経緯があるのですが、日本で2021年12月に『サンダーバード1965』という題名で映画として公開されるのは、上記のクラウドファンディングを利用して製作されたもの?

 

 このThe Anniversary Episodesは、製作された後にクラウドファンディング参加者用DVDやブルーレイが作られ日本語字幕も収録して、一部販売もされたようですが、クラファン参加者以外は日本で見る方法はありませんでした。

 その後、イギリスでのサンダーバード放送記念して制定されたThunderbirds dayの企画で、インターネット配信されたこともあるのですが、日本語字幕などはない状態でした。

 

mech.hateblo.jp

 

 さらにその後、BritBoxという海外の動画配信サービスでTVシリーズの『Thunderbirds』と一緒に配信開始されましたが、BritBoxは日本向けにやっていないので基本的に見ることはかないませんでした。

 こんな感じで、一般用商品として日本国内の会社が手掛けた形ではリリースされていませんでした。今回のコラボ企画発表の中で言っている『サンダーバード1965』が、このアニバーサリー・エピソードスのことであれば、きちんと日本国内用にローカライズされた形で世に出てくるわけで、これが日本語字幕版なのか、はたまた日本語吹き替え版なのかのも気になるところです。

 余談としては、この三話をまとめて上映する場合の上映時間ですが、1話30分あるかないかなので、1話毎にあるエンディングのスタッフクレジットをそのままの場合、1時間25分ほどと思われます。この3話は本編以外にYouTubeで公開されている日本語字幕ありのドキュメンタリーもあるので、これも同時上映すれば制作背景や製作者の力の入れ様が理解できて良いんだけどなあ、と思うところです。

 それと、2019年のサンダーバード・デーで公開された3話もあります。これもその前に作られた3話と同じく50年近く前当時のオーディオドラマ音源を使用し、新たに撮影したシーンを追加編集したものです。

 

mech.hateblo.jp

 

テレビシリーズのエピソードにスコット、ペネロープ、ブレインズが回想?する形でナレーションをつけたものになっています。この3話も1本20分強あるので、さすがにこれも流すと尺が長すぎますね。

 劇場作品としては、1日に上映回数を多く出来る尺の方が客の回転が良くなるので1時間半から2時間くらいがちょうど良いのでしょうが、まぁもしかしたらドキュメンタリー込みの上映もあり得るかもしれません。

 12月上映予定の映画がどういうものでも、『サンダーバード』の映像が劇場のスクリーンで見られるってのは嬉しいですね。そういえば、上映規模が全国規模なのかそうではないのかも気がかりなところです。

  コラボに関しては、いろいろな見方が出来るでしょう。「コラボしてやるから」という上から目線を感じる人もいるでしょうし、版権のセールを始めやがったとか、サンダーバードが色々な人の目に触れて興味を持ってもらえるのではないかという前向きな感じかたとか。

 どっちにしても、今までのように地上波テレビの再放送が望めない昨今、ケーブルテレビや衛星放送の有料チャンネルだけでは、幅広い世代で知名度を維持できない世の中になってきているわけで、作品の存在感を高めスーパーマリオネーションという独自の表現方法の魅力を伝え新たなファンを作るというのが、日本国内でサンダーバードの版権運用権を所有し運用している会社の責務でしょう。