NHK『サンダーバード ARE GO』の放送

★「サンダーバード」関連の最新情報は逐次更新中、記事はこちらから

 NHK総合テレビで『サンダーバード ARE GO』シーズン1(全26話)の初回本放送は全て終わりました。

 今後再放送があるかどうか、イギリスなどで放送中のシーズン2の放送がNHKで行われるか分かりませんが、引き続き情報収集を行っていこうと思います。

サンダーバード ARE GO シーズン2の情報

 シーズン2の情報は↓の記事で書いています。

2017年1月27日追記

 タカラトミーYouTubeチャンネルでARE GOの無料配信するそうです。→3月末終了しました。

スーパー!ドラマTVで人形劇版の放送

 2017年4月に連日深夜で放送していたのですが、5月、6月も放送があります。

www.superdramatv.com

5/2(火)6:00スタート!
【二カ国語版】毎日6:00~7:00
5/27(土)7:00スタート!
【字幕版】毎週土曜7:00~8:00&8:00~9:00(2話連続放送)

 4月は明け方の放送だったので、6時7時と段々時間が遅くなって見る人も増えそうですね。

二つの時間帯で放送(2016年9月現在は再放送専用枠なし)

NHKアニメワールド サンダーバード ARE GO

 NHKの番組ページでは放送予定欄に日付順に並べてるので誤解しやすいですが、この番組は本放送(毎週土曜 17:35~→第13話より17:05〜)再放送(毎週木曜 0:40~→第12話までで無くなった)があり、二つは異なる時間帯で行われます。その放送枠は(休みがありますが)決まっており、放送時間と放送枠が決まっていない不定枠ではありません。

追記

 本放送が1ヶ月おきに2週の休みなどが発生したため、水曜深夜の再放送は本放送に追いつきました。そのためか4月現在、一時的に休みになっているようです。4月7日まで放送済み前半13話からもう一度見たいエピソードの募集が行われ、後日それを再放送すると告知が出ています。なので、5月以降のいつかにまた再放送される模様です。

 Twitterやネットで(幼児・児童以外の)その反応を見ていると…土曜夕方本放送は「放送待機組やファミリー層」、水曜深夜再放送は「若者層(たぶん女性)」の反応が多くを締める印象です。

 NHKも視聴層を広げようとこのような編成にしているのではないかと想像しますが、その思惑通りなのか11月12日に初めて深夜再放送が行われた際は、トレーシー兄弟役の男性声優陣についての反応が多かったです。

 単に再放送する枠がこの時間帯しか空いてないからだったとしても、深夜再放送はこの時間帯の視聴者層に「番組の存在と配役」について知ってもらう、という点では効果があるようです。

12月16日追記

 NHKのサイトにある番組表によると、12月24日(土) 午前0:10~午前2:24(134分) に『サンダーバード ARE GO』の放送が予定されています。しかし、16日昼頃に視聴エリアを全国各地に変更してざっとみたところ、九州地方だけ予定に載っていません。→その後番組表が更新され、九州でも放送が組まれました。ただ、放送開始時間が少し遅れ1:22から。

www9.nhk.or.jp

 その後、番組表が更新され「サンダーバード ARE GO・アンコール」と言う表題に。番組内容としてあの上位5本の放送と判明。

「ピラミッドの呪い」「消えたファイアーフラッシュ」「最後の切り札」「人工知能の反乱」「インターナショナル・レスキュー出動!」

この投票は、シーズン1の全26話中前半13話までを放送した後に投票受け付けした物なので、14〜26話のエピソードは含まれてません。

ーーー追記ここまでーーー

放送予定

www9.nhk.or.jp

 次の相撲休みは9月に入ってからです(終りました)。去年秋からレギュラー放送が始まって半年以上、1ヶ月おきに大相撲中継があって2週休みになるのはいい加減覚えましたよね。

(10/01追記)10月の放送

NHKのページに出ている予定

9月3日(土)午後5時5分     第23話「インターナショナル・レスキュー出動禁止!」

9月10日(土)午後5時5分     第24話「サンダーバードS 発進!」

追記:9月14日(水)午前1時45分から日本語吹き替えに黒柳徹子さんが参加した第22話「シルビア大おば様とティーを」が再放送

 

10月1日(土)午後5時5分 第25話「さらわれたエージェント」

※9/23追記 前の時間帯でゴルフ中継があり、時間延長の場合は4時以降の番組が変更になる場合があるとテレビ情報誌に出ています。

※10月1日追記:山梨県ではサッカー中継により休止。1日現在で別の日に放送する時間などは未発表。

10月8日(土)午後5時5分 第26話[終]「トレーシー・アイランドの危機」

※10月1日追記:沖縄県ではバスケットボール中継により休止。1日現在で別の日に放送する時間などは未発表。

10月8日追記:沖縄県以外の地域では全26話の放送が終りました。

 

 一部地域で3日の23話と10日の24話の放送が別の番組で潰れています。23話については九州沖縄地域なのですが、この地域は10日の午前10時5分から放送されるとNHK番組表に出ています。同日の24話は放送予定です。24話が別の番組になるのは広島県です。こちらは3日時点では番組表検索しても出て来ませんが、九州沖縄地域と同じように別の日に放送する扱いになると思われます。

 9月15日追記:広島県での「サンダーバードS 発進」は9月22日 (木) 14:20 ~ 14:43の放送予定と出ました。

ーーーここまで追記ーーー

サンダーバード ARE GO 公式ガイドブック (講談社 MOOK)
 
イギリスでの放送
  • 2015年4月4日に放送開始
  • 6月20日放送の第13話で一旦休止
  • 4ヶ月間が空き
  • 10月31日第14話から放送再開
  • 1月23日に第26話(シーズン1最終回)が放送

これ以降、CITVで再放送が繰り返されています。たぶんもう2、3周はしてます。そして2016年10月後半からシーズン2が放送開始。シーズン3も製作決定しています。

大相撲

 9月の相撲期間は11日〜25日なので、ARE GOの放送予定日は3日と10日です。

ーーーここまで追記ーーー

 本放送がNHK総合テレビの土曜夕方放送なので、時期によって大相撲中継があります。

 この相撲休止期間中に水曜深夜の再放送が行われている場合、「この前見た話だ、放送はしてるのに次のをやらない」といった勘違いが生まれているようですが、NHKが再放送が別枠で存在する事をほとんど告知していないのと、先行放送を不定期にしたせいで、再放送枠でなく不定期に放送していると思われても仕方ないですね。

今後の予想→放送実績

 大相撲以外で番組の変更・休止が無く放送された場合の放送回数を調べてみました。(実際は2015年12月のように、突発的な事件や特別番組で休みになる事があり得ます)

  • 10月 第1〜5話(放送済)
  • 11月 第6話のみ(放送済。14、23日は大相撲中継、28日はNHK杯国際フィギュアスケート生中継で休み)
  • 12月 第7話のみ(放送済。当初は26日以外は予定されていたが追悼特別編成で5、12日が休みに。26日は年末編成で当初予定から休み)
  • 1月 第8、9話(放送済。16、23日は大相撲一月場所中継で休み)
  • 2月 第10〜12話(放送済。当初は4週分放送予定だったが、20日の放送予定がスペシャルドラマの宣伝に関係する番組で休み。結果3話分放送)
  • 3月 第13話(19、26日は大相撲中継三月場所中継で休み。相撲のない2週分のうち1週のみ<5日>放送予定)
  • 4月 第14〜15話
  • 5月 第16〜17話(14、21日は大相撲中継五月場所中継で休みになるはず。相撲のない2週分がちゃんと放送された場合)
  • 6月 第18〜19話(11、18日はプロ野球中継があるので恐らく休み、2週分ちゃんと放送された場合) 追記:6月は予定通り19話まで放送された。
  • 7月 第20話(2、9日はプロ野球中継。16、23日は大相撲七月場所で休み。30日は放送された)
  • 8月 第21〜22話(8月6日は放送あり)
  • 9月 第23〜24話(大相撲九月場所は11〜25日まで)
  • 10月 第25〜26話(1日に第25話、8日に第26話[終]が放送予定)

10月8日追記:シーズン1、全26話の本放送が終りました。以上、追記。

 ただし、2015年12月のようなイレギュラーな事態や、11月のフィギュアスケートの時のようなあらかじめ他の番組を優先して休みにさせることは十分考えられる上、番組改編などの時期に休みが発生する場合もありえます。

 そんな訳で1回に2話分放送するとか、先行放送時の様に連休に2日続けて放送するとか、放送枠の移動するとか、地デジのサブチャンネルを利用しない限り、こんな感じで1ヶ月おきに2週休みが発生するのはほぼ間違いないです。

放送実績

 NHKで放送された日時等を検索する時ははこちら

話数順に放送してないの?

 本家イギリスと同じ順に放送されています。本作は土曜夕方の初回放送と、水曜深夜の再放送がある(あった)のは前述しましたが、土曜に放送した話を次の水曜に再放送するのではありません。再放送は何話かずれがあります。

 NHKの番組ページに放送予定が出ていますが、初回放送と再放送の区分けや区別をせず、日付順に書かれています。これも勘違いされる要因でしょう。たとえば1日(土)の放送が第10話なのに、5日(水)の再放送は第7話だったりするわけです。

  さらにレコーダーで「番組名・キーワード自動録画」設定などにしている場合は、当然放送日順に録画されていくので、同じエピソードが2回録画されていた り、エピソード順に録画されない事が起きます。このような事があるので、エピソード順に放送していないと思われているのかもしれません。

 また本編は日本用にカットされている訳ではありません。元々OP・ED合わせても23分位しかないので、CMのないNHKでは余計に話のテンポが早く感じるでしょう。

放送のストックが貯まってないの?

 同じ話を何回も再放送したり、休止が多いのはストックが無いからなのか?というコメントがあったのですが、本家イギリスでシーズン1全26話中第13話までは2015年6月頃に放送完了、第26話までは2016年1月末に放送完了しています。

 また、NHKの番組ページには全26話分のあらすじ用のボタンが用意されたので、日本でも全26話放送する予定だと思います。

2016年2月27日追記

 声優さんが打ち上げをしたという内容や、あとは視聴者になってというツイートをしているので全26話アフレコ終了したようです。

ーーーここまで追記ーーー

8月23日追記

 11月に第2弾が発売されるDVDとブルーレイボックスの特設サイトに宣伝用の予告編が公開されています。まだ日本では放送していないエピソードの吹替音声が一部聞けます。

 ここ最近は、黒柳さんゲスト回が放送される事もあって、その記事を紹介したツイートを上田さんやペネロープ役の清水さん、バージル役の花輪さんがリツイートしたりしていますが、半年前に収録終ったせいもあるのか最近は声優さんたちがツイッターで番組の放送告知する事も無くなってしまいました。タカラトミーも春頃にツイッター担当者が変わったのか、それまで程告知してくれなくなりましたし。

ーーーここまで追記ーーー

映像ソフトの販売は?

 第13話までを収録したブルーレイBOXとDVD BOXが5月に発売。第14話〜第26話までを収録したBOXは11月に発売予定。

オリジナル版の放送

  それからNHKの話ではないのですが、2015年10月からはBS 10チャンネル「スターチャンネル」で1965年のオリジナルシリーズ全話の無料放送(字幕版と吹替版)が予定されています。追記:終了しました。

 2014年にイギリスで公開されたスーパーマリオネーション(サンダーバードなどで使用している人形アニメの造語)のドキュメンタリーも放送(こちらは要契約)。追記:11月の放送予定分は終了。12月は予定されていない。2016年4月に再度放送。

追記

クラシック版は1時間枠用番組なので、前後編に分割しないでNHKの地上波でそのまま全話放送するのは厳しいのかもしれません。それだったらBSプレミアムでもいいので放送して欲しい所です。『ナイトライダー』を2本まとめて放送していた平日午後とかで放送してくれると良いのですが、今までのARE GOの扱いを見てるとあまり期待出来ないかな……

 関係するのか不明ですが、バンダイチャンネルとHuluで定額見放題配信している『サンダーバード』の配信期間が9月いっぱいになっています。どっかで放送とかするから、そうなっているのかな?と思ったりしますが、考え過ぎでしょうね。

ーーーここまで追記ーーー

2017年1月23日追記

シーズン2の情報はこちらで書いています。

mech.hateblo.jp

 NHKはクラシック版初放送時に1話を前後編に分割せず1回で放送した事や、今回のARE GO放送に合わせてのクラシック版再放送やスペシャル番組放送などしてくれたので、今まで希望的観測な発想で「今後どうなるのかなー」と考えて来ましたが、今回の「もう一度見たい」の投票募集とその再放送を行うという告知を反故にする扱いを見て今後そういう考えにはならないでしょう。

 考えてみればスター・ウォーズのアニメなんかもシーズン◯だけとかいう放送をして来た局ですし、自社製作の作品でもありませんから、そこまで熱心にやってくれる訳も無かったという事になるでしょうか。

 ただ、シーズン1を本放送・再放送あわせ複数回、視聴者層の異なる時間帯で放送し手くれたお陰で、番組の認知度が上の世代から下の世代まで広がったのはNHKでなければ出来なかったことでもあると思います。

 もしシーズン2を他局で放送するような事があるとすれば、NHKの広げた認知度を利用しつつちゃんと毎週放送される形にして欲しいですね。

 それとNHKは総合の夕方枠でアニメを復活させたいらしいですが、ARE GOでファンが味わったような問題が解決出来ない以上、この時代に復活させても子供達は戻って来ないでしょう。むしろ特定のスポーツ嫌いを再生産するだけだと私は思います。

 

最新関連情報は以下の記事で