『サンダーバード ARE GO』シーズン3製作決定が発表される

★「サンダーバード」関連の最新情報は逐次更新中、記事はこちらから

シーズン3(第3期)

 ミニチュアによる特撮とCGの融合アニメ『THUNDERBiRDS ARE GO』のシーズン3製作決定が製作元である英国・ITVによって発表されました。

itvstudios.com

発表によると、本国では来年(2017年)に放送予定ということです。

 シーズン3の話数も30分枠が26話分ということなので、番組のフォーマットには変更なし。日本の放送は今のところ不明。発表されるとしても当分先でしょう。

 現在シーズン2(第2期)が製作中で、イギリスでの放送は今年末頃からではないかと言われています。

追記:2016年10月末から放送開始。

 

 

Season 2 exclusive! The 1st time we've used a fully miniature Thunderbird vehicle, with model maker, Allister Whyte #ThunderbirdsAreGo

Thunderbirds Are Goさん(@thunderbirdshq)が投稿した写真 -

 そのシーズン2では、サンダーバードやFAB1(ペネロープ号)のミニチュアを使用すると明かされています。シーズン3でもなにかしら新要素というか、クラシックシリーズをオマージュした要素が投入されるのでしょうか。

 こうなると、話数はクラシックシリーズの32話以上になる訳です。こう話数が多く作られると、物語のプロットやシナリオがどうなってくるのかという事が気がかりです。

 シーズンを重ねると何かしら変化が加えられる事が多多あります。新キャラ追加もあり得るかもしれません。せっかく組み換えが出来るポッドメカなのにバリエーションが少ないので、新メカ追加もあるかもしれません。そしてジェフがひょっこり生還するなんてこともあるかもしれません。何にしても良い方向に行く変化なら歓迎ですが、番組テーマから逸れ、方向性を見失うような変化はして欲しくないですね。

北米での動き

 また先日、米Amazonではシーズン1がプライムビデオで配信される事が発表されました。

この時の報道で、Amazonが4シーズン発注したという記事もありました。その翻訳記事も出ました。

kaigai-drama-board.com

 今回発表されたシーズン3が、Amazonが発注したという4シーズンのエピソードと同一の物なのか、別なのかが気になる点です。

追記:製作元であるプケコ・ピクチャーズのブログによると、

Note: ‘Season 2’ in this instance refers to Season 1 Episode 14-26

とあります。

 つまり北米Amazonの配信では、英国や日本などではシーズン1(全26話)として放送された、前半13話分がシーズン1、後半13話分がシーズン2という扱いになるようです。

 そういう訳で、シーズン4と言うのは、イギリスでの放送で言うとシーズン2・後半13話分ということになりそうです。

ーーーここまで追記ーーー

 

 Amazonプライム専用のコンテンツとして4シーズン発注したとなると、プライムビデオの独占的なエピソードという可能性もあり得ます。もしそうだったとした場合、日本のAmazonプライムビデオで見る事が出来るようになるのか?という点が気になりますね。

 また、カナダではDHXメディアが『THUNDERBiRDS ARE GO』の放送権を取得したしたそうで、同社のチャンネルで放送されるそうです。

関連記事