変な記事に突っ込みを入れる

 下の記事は、ページタイトルになっている見出しのことは最後に数行あるだけのよくある浅いまとめ記事で、わざわざリンクするような記事ではなんですが…適当な記事書きやがってという意味も込めて書いときます。

ciatr.jp

 漫画家のゆうきまさみ(原案・キャラクター設定)を中心に、イラストレーターの出渕裕(メカニック設定)と高田明美(キャラクター設定)、脚本家の伊藤和典が中心となって始まったプロジェクトが、このシリーズ。原作者ユニット「ヘッドギア」というグループを立ち上げ、後に押井守が合流しています。

 まずはヘッドギアが出来てから押井氏が合流した、と受け取られるような適当なことが書かれてます。

 ヘッドギアと名前が付けられたのは、押井氏が合流してからです。このことは過去のインタビュー記事などでも出てます。比較的最近のものだと、一迅社から出ている「機動警察パトレイバー完全設定資料集TV編」の高田明美氏インタビューでは

高田 著作権の関係でユニットになってください、というバンダイさんからの要請でした(笑)。だから作品のための「クリエイター制作委員会」ですね。パトレイバーユニットって感じです。

 ただグループ名を決めようということになって、押井さんが「虚構防衛軍」なんて名前にしようと言い出したので「恥ずかしいからやめて」って(笑)。で、「ヘッドギア」にしたんです。5人集まって、みんなアタマを道具に仕事している人たちだから、ヘッドギアがいいんじゃない、ってことで。野明たちも着けてるでしょう?

この話はほかのインタビューなんかでも出ていて、たまに地球防衛軍になってたりするんですが、この辺は記憶違いでしょう。それと虚構防衛軍と言い出したのが押井氏というのも、もしかしたら違うのかも。以前ヘッドギアの伊藤和典氏がツイッター

 こう言っていたりするので、両氏のどちらかなのでしょう。もう何十年も前の話ですし、こういう記憶違いも起きますよね。

そういう意味でも、「パトレイバー」という企画の軌跡を取材し、後世に残す記録としての書籍を出版してほしいです。

 あとは映画監督の本広克行氏が、実写版パトレイバーパイロットフィルムを作っていた、という話も出てるんですが、

「THE NEXT GENERATION」の企画が立ち上がった時には、監督候補のひとりに選ばれていたという本広。平成ガメラシリーズの特技を担当した樋口真嗣らと組んで、パイロットフィルムまで作っていたそうです。

本広監督が関わったパイロットフィルムは、TNGパトレイバーより15年くらい前の別企画の実写パイロットフィルムの話です。 候補に挙がっていたのは下記の記事にも書いた押井監督の発言から確かなのですが、この書き方ではTNGパイロットフィルムと思う人が多いのでは。

mech.hateblo.jp

 あとは警視庁と警察庁がごっちゃになってます。アーリーデイズの6話で南雲隊長が海法や祖父江と話すシーンを挙げ、警察庁幹部と言ってますが、あの二人は警視庁警備部所属の人間です。

 そして紹介したweb記事の問題はもうひとつあります。それは、パトレイバーの新プロジェクトが30年後の話で2020年までに公開、という話を書いてるんですが、まあ何の根拠も示さず書いてるところです。

 他人様のブログで、同じような記事書いてるところがあるのかもしれませんが、書き方からすると、うちのブログの記事を参考にしてる気がします。別にそれは構わないのですが、公になっている動画やツイートのリンクも張られていません。まあ内規で貼れないとかいうのなら、せめてどこそこの番組やイベントで誰が言った、くらいの文を書いて欲しいもんです。