真木プロデューサーのパトレイバー新作プロジェクト構想

 過去3回、新作パトレイバーのプロデューサーである株式会社ジェンコの真木太郎社長の発言を取り上げてきましたが、 

mech.hateblo.jp

 

mech.hateblo.jp

 

mech.hateblo.jp先日より真木プロデューサー本人が語るラジオ番組が公開されています。

ラジオ番組

  今回は文化放送がネットで放送しているラジオ番組に真木さんが出演。そしてパトレイバーの新プロジェクト構想を語りました。一つの番組で構想についてここまで語ったのは、多分初めてじゃないでしょうか?

agonp.jp 番組を聞くにはAG-ON Premiumのアカウント必要ですが、これはメールアドレスさえあれば、無料で作れます。

構想

 発言からポイントを書き起すと

  • 今新しいアニメーションを作り始めてます。作り始めてますって言ったって、まだシナリオも出来てないから。ま、一体何年にね……
  • 原作者5人から権利の管理を任されたっていうことが一つ。でそれにともなって、じゃあ新しいパトレイバーのアニメーションを作ろうぜっていう。今まあプリプロって言うのかな、企画段階ですよね。
  • これもアニメと実写と両方やりたい。実写はハリウッド。(押井さんがやるんじゃなくて。押井さんはほらもうやったからさ、パトレイバー実写やったからね。)
  • これはやっぱりハリウッドと組んでやりたいなと思ってますね。まあ夢ではあるけども、アタックをして行けば、ああこういう風にしたら出来るんだっていうのが出てくるかもしれない。
  • いわゆるシリーズ+映画、計画中で、何年になることやらね。

 ともかく番組全部聞いて下さい。聞かないと、どういう意図で言ってるか分からないですから。

 現在プリプロ段階でシナリオはまだ出来ていない、というのが明らかになったのは初めてです。

 「アニメと(ハリウッド)実写両方やりたい」というのは、番組の前半での話が関係してきます。

 そこでは実写とアニメと同時にやりたいと前置きし、「割と日本のアニメをハリウッドでリメイクとかいうところ間が開くじゃないですか。一緒にやってるって感じじゃないから、最初から一緒に仕掛けてね、アニメはこっちの話、こっちのパート、実写こう。これ要するにプロモーションになるんですよ。お互いにね。それで国によっては、実写の方が強い国もあれば、アニメの方が強い国もあるっていうそう言うことで、トータルで考えると、まあいわゆるIP(筆者注:Intellectual Property=知的財産)っていうね、その原作なら原作の価値を上げてくっていう、そう言う仕事をしたいと思ってますね」と真木プロデューサーが語っています。

 ともかく番組全部聞いて下さい。聞かないと、どういう意図で言ってるか分からないですから。

今回のラジオ番組と過去の発言などとの共通点

 原作者5人から権利の管理を任されたというのと、新プロジェクトをスタートしますというのは、真木社長のFacebookで公表していた内容。

 シナリオに関しては、新プロジェクトである『機動警察パトレイバー EZY(イジー)』のポスターが公になった際に、ヘッドギアの伊藤和典さんがTwitterで、実現はもうちょっと先と前置きし、とにかくやってることはやっている、と言っていたのでプリ・プロダクションの段階なんでしょう。

 アニメと実写をやりたい、という話は岡田斗司夫さんのネット番組に出演した際にも言っていました。さらにこの二つを同時に展開したいと構想だというのは、フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭でEZYが公になった際の海外のニュース記事でも触れられていました。

www.nuevoordenanime.comただ、この時は誰がそう言ったのか書いていなかったので、信憑性に疑問を抱き記事には書いていませんでした。しかし、今回真木プロデューサー本人から語られたので、この話はアヌシーでプロデューサーかジェンコブースのスタッフが発言していたとみて、間違いないでしょう。

 ハリウッド実写版は押井監督がメガホンを取らないという話も、岡田斗司夫さんの番組で既に発言しています。

 どういうフォーマットで作るのかという話は、アヌシーに行ったアニメ関係者が、ジェンコのブースでスタッフから「TVシリーズ」でやるという話を聞いてTwitterに投稿していました。映画については、今回のラジオで聞き手の植田益朗さんが「アニメはテレビ、映画両方やるんですか?」という問いに対して、真木プロデューサーは「えーと、いわゆるシリーズ+映画、計画中で、何年になることやらね」と答えています。一連の発言をそのまま受け取れば、アニメはシリーズと映画。そしてハリウッド実写版という構想なのでしょう。

公開時期

 これに関しては今回のラジオ番組では「何年かかるか分からない」と言う主旨の発言でした。フェイスブックで新プロジェクトスタートの発表した時も「何年かかかるかな?」と言っていますし、プリプロダクション、企画段階であるという発言からも具体的な発表時期は未定なんでしょう。

 ただ、岡田斗司夫の番組では「アニメはオリンピックまでにやりたい」と発言(たぶん冬季じゃなくて夏季でしょう)、ベルギーのアニメ映画祭anima 2017のインタビューや、アヌシー国際アニメーション映画祭の際にクランチロールという海外のアニメ配信サイトの記事には、2020年という年が出ています。

 何のプロジェクトでもそうでしょうが時期の目標無く進ませるわけが無いので、一応の目標として2020年までに、というのがあるのかもしれません。

期待して待ちましょう

 ともかく、構想ですから今後どのように展開して行くのか?詳細発表まで気長に期待して待つしかありません。

 それより2018年のパトレイバー30周年に、映画再上映とか、OVATVシリーズの廉価版ブルーレイ発売とか、関連書籍発売とか、読み切り漫画とか、CDドラマのアニメ化とか、サントラCD再発売があり得るのかが、差し迫っての関心事です。

続報

 続報は、新作・パトレイバーEZY カテゴリーの記事一覧