よろず手控え帖

ブログなんですけど

サンダーバード ARE GOと大相撲

 大相撲の夏場所が新型コロナの影響で中止になりました。

www.nikkansports.com

大相撲はWikipediaから引用すると

 

開催月 正式名称 通称 会場 開催地 初日
1月 一月場所 初場所 両国国技館 東京都墨田区 第1もしくは第2日曜日
3月 三月場所 春場所
大阪場所
エディオンアリーナ大阪
(大阪府立体育会館)
大阪府大阪市浪速区 第2もしくは第3日曜日
5月 五月場所 夏場所 両国国技館 東京都墨田区 第1もしくは第2日曜日
7月 七月場所 名古屋場所 ドルフィンズアリーナ
(愛知県体育館)
愛知県名古屋市中区 第1もしくは第2日曜日
9月 九月場所 秋場所 両国国技館 東京都墨田区 第1もしくは第2日曜日
11月 十一月場所 九州場所 福岡国際センター 福岡県福岡市博多区 第1もしくは第2日曜日

と隔月で開催され、テレビでは夕方に放送されていた訳ですが、ここの時間帯にぶち込まれたのが『サンダーバード ARE GO』シーズン1です。この枠で放送されるという事は、大相撲の期間2週間程度とはいえ、1カ月おきに放送できなくなるのは既定路線。

 ちなみに私は別に相撲が嫌いではありません。どちらかというとせっかちな性分なので、長くても数分で取り組みが終わる相撲はむしろ観戦するスポーツで好きな部類です。なので、こういう編成は非常違和感がありました。昔、アニメは野球やスポーツで休みになることが多く、ファンから敵視されるような感じでしたから、その矛先が相撲に向けられるのは非常に嫌でした。

 放送開始当時にNHK東北新社関係者が登場したネット記事によれば、

business.nikkei.com

土橋:比較的初期段階から総合テレビでの放送を想定して交渉していましたが、それはサンダーバードの話題性やバリューを考えたからなんです。でも実は総合テレビの責任者がサンダーバードのファンだったことも少なからず影響してます(笑)

―― 総合テレビで午後6時台と言えば「少年ドラマシリーズ」もそのあたりでしたよね。

土橋:「少年ドラマシリーズ」もですが、昔は総合テレビに「ひょっこりひょうたん島」や「プリンプリン物語」のような人形劇や「600こちら情報部」など子ども番組が沢山ありました。でも、ある時期からそうした番組は、教育テレビ(Eテレ)に集約されていったんです。制作サイドのITVもキッズやファミリー層に見てほしいと言っていましたし、完成版を見てみて、大人の鑑賞に堪えられる作品だけど基本はキッズ向けに作ってるよなとも思いました。でも、総合テレビにはそういう枠はないし…だから年が明けてから、具体的にどう編成するのか議論してましたね。

―― 「どう編成する」というのは、どういう意味ですか。

土橋:どういうターゲットに向けて、どういう時間帯にやるのがいいのかを検討し始めた、ということです。2012年から土曜の午前に子ども向けのアニメ枠を復活させて「銀河へキックオフ!!」「団地ともお」をやってきましたが、定着させるのは難しかったです。なので、TAGもどうやれば、より多くの視聴者、特に子どもにも見てもらえるのか悩みました。

土橋:そこで、いきなり定時放送ではなくて、昨年の8月、9月に特集として午後6時台に編成してみたんです。6時台に新シリーズ、深い時間(深夜枠)にオリジナルのサンダーバードをセレクションで放送して。けっこう話題にもなって、僕らもここで手応えを感じたので、昨年10月から土曜の夕方の5時35分で定時化して、第1シーズンの前半13話を3月までやりました。

藤岡:4月から後半が始まったところです。放送時間は5時5分からになりました。

―― マニア向け、とは考えなかったんでしょうか。

土橋:当初は、深夜帯にやる議論もあったんです。「実はコア(なファン)向けなんじゃないの」という意見もありました。でも、特集でやってみて視聴率やいろいろなデータを分析してみて「必ずしもオールドファンだけじゃなくて、いまの子どもも見るよね」と判断したわけです。

―― 具体的に、視聴率として良かったんですか?

土橋:視聴率は悪くありませんが、飛び抜けて高い!というほどでもなかったです。

 定時放送が始まってからは、土曜の夕方には大相撲中継が定期的に入り、さらに野球やゴルフなどほかのスポーツ中継もチョコチョコ入るので、TAGの編成が飛びとびになってしまっています(汗)。なので、視聴者ふれあいセンター、いわゆるお客様窓口には、見逃してしまった回の再放送のリクエストだったり、「いったいいつ放送するんだ」というお叱りのお電話をよくいただくんです。「孫と楽しみにしているのに、今週も放送がない!」という風に。

―― なるほど。昔のシリーズを愛している人々が、お子さん、お孫さんと一緒に50年振りの新作を見るというのは、理想的な、幸せな状況ですよね。

この様に語られています。

 深夜放送の話が出ていますが、実際に深夜に再放送が行われ、夕方には在宅していなかったような方々(大人とか)が知る機会になっていたのは、当時のツイッター検索でかなりヒットしてましたし、そこから熱心なファンになった人もいましたから、深夜再放送の意味はあったと思います。そして最後の方で大相撲中継に触れていますが、この時間帯の枠でやることが決まった時点で、こうなることが分かっていないはずがないんです……

 その後、『サンダーバード ARE GO』シーズン2は有料チャンネルの「スーパー!ドラマTV」で放送され、今後シーズン3の放送も決定とアナウンスされています。 

mech.hateblo.jp

 

mech.hateblo.jp

 今後地上波のテレビ局でシーズン2と3が放送されるかどうか、かなり怪しいでしょう。シーズン2の放送が終わって数カ月経ちますが、日本国内でのビデオソフト化の話も聞こえてきません。夏場所休止で空いた枠でシーズン1のセレクション再放送でもすればいいんですよ……まったく。

 しかし、やはり一番不憫なのはNHKの放送でファンになった子供たちでしょう。彼らが目にするであろう媒体では、シーズン2や3があるなんて報じられていないので、そもそも存在が知られていない可能性が高い。そういう子供たちの中にも、YouTubeやなんかを自力で検索して存在を知るような子供もいるでしょうが、少数派でしょうね。そこがファンとしても、制作サイドのITVが「キッズやファミリー層に見てほしい」と言っていたとNHKが言っているのも、やりきれない……