よろず手控え帖

追記の多いブログ

『Thunderbirds 1965』ではなく『Thunderbirds:The Anniversary Episodes』

 過去何度も書いてきましたが、レコードに記録された『サンダーバード』の音声劇を元に、3エピソードを人形を使いスーパーマリオネーション形式で映像化した『Thunderbirds 1965』。

 

mech.hateblo.jp

 

これらの名称が『Thunderbirds:The Anniversary Episodes』と確認されたと、報告されています。

https://twitter.com/la_riviere/status/1285523712666722304

 Twitterでこの報告をしたのは、クラウドファンディングの説明ビデオにも登場している、スティーブン・ラリビエー氏。Producer / Director / Puppeteer / Actor / Writer(Twitterのプロフィール欄より)で、日本でも『サンダーバード』や『謎の円盤UFO』といったジェリー・アンダーソン作品の書籍を複数出している人物です。

www.kickstarter.com

 これによると、『Thunderbirds 1965』の名はキックスターターのプロジェクト名であり、正式なタイトルは『Thunderbirds: The Anniversary Episodes』であることが確認されたということです。確認したというのは、現在サンダーバードの権利を管理しているイギリス・itvに、ということでしょう。これにより、日本式に書くと

ではなく

と言う感じで、独立した一つの作品ではなく、数十話存在する『サンダーバード』に含まれるエピソードとして権利元に認められたということでしょう。

 この3エピソードに関連する情報として、海外の動画配信サービス「BritBox」で8月から動画配信されるとのこと。今まではキックスターターで出資した人用のDVDやブルーレイ、限られた数発売されたディスクが市場に出回っていましたが、今回やっと一般の人が配信で見られるようになったそうです。しかし、この配信サービスは日本からは見れませんし、日本で展開していないので、日本にはあまり関係ない話ですが……

 

日本では何やら動きが……

 日本では少し前にサンダーバードオフィシャルサイトがリニューアルされました。このサイトは日本国内で『サンダーバード』の権利を管理運用している東北新社ドメインを持っているWEBサイトです。

 リニューアルされたWEBサイトを見ると、「55」という数字が大きく出ており、放送55周年をアピールしています。英国での放送開始は1965年9月30日で、2020年のこの日で55周年になる訳です。2017年から9月30日は「Thunderbirds day」として、毎年インターネットで何かしらイベントがありました。しかし、それはほとんど海外での話。日本では、スーパー!ドラマTVの公式Twitterアカウントがdayについてツイートした程度。

 日本語のオフィシャルサイトであれだけ大きく「55」を出すからには、今年のサンダーバード・デーは日本でも何か行われると期待したいです。なにしろ数年前に、デアゴスティーニサンダーバード2号を作るの出版と関連したトークイベントが行われ、その際にこの3エピソードを日本でも見れるよう東北新社が動いているという話があったそうですし、去年のdayにも人形を使ったスーパーマリオネーションの新規映像がこうかいされましたし、これらに職業字幕翻訳家の日本語字幕を付けて日本向けとして公開してくれると嬉しいのですが、果たしてどんな動きをしてくれるのでしょうか。

 

サンダーバード Blu-ray BOX

サンダーバード Blu-ray BOX

  • 発売日: 2016/05/11
  • メディア: Blu-ray
 
サンダーバード

サンダーバード

 

  

サンダーバード DVD-BOX

サンダーバード DVD-BOX

  • 発売日: 2016/05/11
  • メディア: DVD
 

 

NHK BS4Kで『サンダーバード』放送は?

4K

 4Kの放送はNHK以外の局も行っているのですが、民放局は番組表見てもあんまりラインナップに力入れていないし困ったもんです。NHKは『刑事コロンボ』や『大草原の小さな家』などのフィルム撮影の海外ドラマを放送してますし、ぜひとも『サンダーバード』もやって欲しいですね。ジェリー・アンダーソン作品の多くは35ミリフィルム撮影で『サンダーバード』も4Kスキャン向きでしょう。

 「4Kにすると見えすぎて味が無くなる」という話もあるでしょうが、ワイヤーが見えるという話は、昔のアナログ放送でも見える時は見えてましたからね。それよりも人形シーンの舞台セット、特撮シーンのミニチュアセット、人形のメイクや衣装などの作り込みの凄さが分かるはずです。あとは劇中メカに使われているプラモデル流用パーツや衣装の研究など、画質が貢献することもあるでしょう。

 そもそもHD画質でも見る方法が限られているのが現状です。日本ではネット配信すら行われてませんし、HD画質の物ですらブルーレイを購入するか有料CSなどで放送されるのを見る以外方法が無いんです。これは確実に新たなファンを獲得しにくい環境になっています。

 50年の間、なんだかんだで地上波テレビの在京キー局で再放送が10年間隔で行われ、その度に少なからずファンを作るパターンでした。しかし、今のテレビ放送作品を見ればそれが効かない時代になったのは明らかです。そこに出て来たのが、CGとミニチュアによる『サンダーバード ARE GO』なわけです。あの作品を見てファンになった人や、サンダーバードが救助活動を描いた作品なのを認識した人もいるでしょう。

吹替

 あとは、『大草原の小さな家』で行われた吹替の新録音ですね。もし、『サンダーバード』で新録音するとなると、誤訳の修正や現在の放送基準に合わせた翻訳がされるでしょう。よく言われる誤訳がリフトオフを「リフトを外せ」になってるところとか、軍人の階級の誤訳とかです。新録音することになった場合は、この辺の専門家やサンダーバードに詳しいライターに監修してもらうとか、翻訳にもこだわって欲しいですね。

 ノーカット放送なら何と言っても全編吹替で聞けるところがミソです。現在の日本語吹替は日本初放送時にカットされ吹替が無かったシーン(この辺は吹替用台本などがまとめて公開されれば、何処があって何処がなかったなど詳細な研究が出来るのですが)や、その後の再放送でカットされて現存していないシーンが結構あります。そういうシーンは英語音声+日本語字幕になります。新録音されるとなると、その辺が解消されるわけです。

 まぁただ、50年以上に渡って使われた馴染みの声の出演で無くなるというのは賛否分かれるのは想像できます。しかし初放送時吹替版が、岸田今日子ムーミンのようにほぼ封印されるような形になるならともかく、4K放送用に使うくらいならそう目くじらを立てる事でもないと個人的には思います。お馴染みのキャスト版はLD、DVD、ブルーレイと何度もソフト化されてますし、たぶん聞けなくなることは無いでしょう。むしろ4Kソフト化するようなことがあれば、新録音版を特典として収録すれば多少の売りにもなりますし、選択肢が増えます。

 まぁちょっと心配なのは、あるか分かりませんが今後次世代メディアで発売するときに、よく知らない担当者が「ノーカットの新録吹替版があるからこっちだけ入れとけば(使えば)良いや」となる事態ですね。まぁディスクなどの物理メディア商品はネット配信などの台頭もあって、コレクターズアイテム的な存在になりそうな気配もあるので、むしろ全部入りとかやる方向になるかもしれませんが。

 それよりも、1998年にバンダイビジュアルのエモーションから初DVD化された際、疑似ステレオ化という事で日本語吹替版に元の音質に馴染まない効果音が追加された音源が作られました。 これ以降に発売されたDVDやブルーレイはなぜかこの吹替音源を収録しています。現在発売中のブルーレイには、原語版のオリジナルモノラル英語音声が収録されたことですし、日本語の方も元のオリジナルモノラル吹替版に戻して収録してもらいたいですが……

 それとNHKの海外ドラマは基本的に日本語と原語の音声多重放送とリモコンでオン・オフ可能な日本語字幕放送が行われるので、新録吹替が気に入らなければ原語と字幕で視聴出来ます。

↓問題の疑似ステレオ化された最初のDVD

サンダーバード メモリアルボックス PART1 [DVD]

サンダーバード メモリアルボックス PART1 [DVD]

  • 発売日: 1998/05/23
  • メディア: DVD
 

 

 

 

サンダーバード Blu-ray BOX

サンダーバード Blu-ray BOX

  • 発売日: 2016/05/11
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

7月17日から『機動警察パトレイバー the Movie 4DX』上映予定

 7月17日から全国規模で『機動警察パトレイバー the Movie 4DX』が上映開始予定です。4月に上映予定でしたが、新型コロナの影響で延期されていました。

上映館

  映画館会社の枠を越えた上映館一覧というのは、パトレイバー公式サイトの劇場一覧か、PR TIMESで公開されているプレスリリースにある一覧で確認しなければなりません。

 そのパトレイバー公式サイトの劇場一覧ページはトップページから直接行けるリンクはなく、一度NEWSページに飛んでスクロールして文字ばかりの中から当該リンクを見つけなければなりませんし、公式Twitterでも6月に一度しか投稿されていません。7月15日現在においても、この6月の投稿のみです。

7月15日午後追記:やっと公式サイトトップページに上映館一覧のページにすぐにアクセスできる「THEATER(4DX)」が表示されるようになりました。追記ここまで

 7月14日に公式Twitterから、最寄の劇場の上映時間を確認するよう促す投稿がされましたが、そこでこの劇場一覧へのリンクを示すという事もされていません。ファンの立場に立ったとか言う話以前に、商売人として何故こんな事すら出来ないのかと首をひねるばかりです。

7月15日午後追記

 やっと公式サイトのトップページに、上映館一覧のページにすぐにアクセスできる「THEATER(4DX)」が表示されるようになりました。さらに午後1時38分に、公式Twitterで1ヵ月以上ぶりやっと2回目となる、劇場一覧ページを案内するツイートがされました。

ーーー追記ここまでーーー

patlabor.tokyo

上記ページより引用

 

機動警察パトレイバー the Movie 4DX 上映劇場

■上映劇場
7月17日(金)から4DX上映を開始する劇場は以下55館(6月10日現在)を予定しています。
※2月に公開した劇場から変更はありません
上映する劇場に関しては機動警察パトレイバー公式サイトをご確認ください。


北海道エリア
北海道 ユナイテッド・シネマ札幌
北海道 シネプレックス旭川

東北地方
宮城 109シネマズ富谷
宮城 イオンシネマ名取

関東地方
東京 ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
東京 グランドシネマサンシャイン
東京 ユナイテッド・シネマ豊洲
東京 ユナイテッド・シネマとしまえん
東京 109シネマズグランベリーパーク
東京 イオンシネマシアタス調布
神奈川 イオンシネマみなとみらい
神奈川 小田原コロナシネマワールド
埼玉 イオンシネマ越谷レイクタウン
埼玉 ユナイテッド・シネマ春日部
埼玉 109シネマズ菖蒲
埼玉 ユナイテッド・シネマわかば
埼玉 ユナイテッド・シネマ新座
埼玉 ユナイテッド・シネマ入間
千葉 ユナイテッド・シネマ テラスモール松戸
茨城 ユナイテッド・シネマ水戸
栃木 フォーラム那須塩原
栃木 109シネマズ佐野
群馬 ユナイテッド・シネマ前橋

東海地方
静岡 シネマサンシャイン沼津
静岡 シネマサンシャインららぽーと沼津
愛知 ユナイテッド・シネマ豊橋18
愛知 豊川コロナシネマワールド
愛知 安城コロナシネマワールド
愛知 中川コロナシネマワールド
愛知 小牧コロナシネマワールド
岐阜 大垣コロナシネマワールド
三重 109シネマズ四日市

北陸地方
新潟 ユナイテッド・シネマ新潟
石川 金沢コロナシネマワールド

関西地方
大阪 イオンシネマ四條畷
大阪 109シネマズ大阪エキスポシティ
大阪 ユナイテッド・シネマ枚方
京都 イオンシネマ京都桂川
滋賀 ユナイテッド・シネマ大津
奈良 ユナイテッド・シネマ橿原
奈良 シネマサンシャイン大和郡山
兵庫 109シネマズHAT神戸
兵庫 アースシネマズ姫路

中国地方
広島 福山コロナシネマワールド
広島 109シネマズ広島

四国地方
愛媛 シネマサンシャインエミフルMASAKI
徳島 シネマサンシャイン北島

九州地方
福岡 小倉コロナシネマワールド
鹿児島 シネマサンシャイン姶良
福岡 イオンシネマ筑紫野
福岡 ユナイテッド・シネマ福岡ももち
福岡 ユナイテッド・シネマキャナルシティ13
佐賀 109シネマズ佐賀
長崎 ユナイテッド・シネマ長崎
熊本 ユナイテッド・シネマ熊本
沖縄 ユナイテッド・シネマ PARCO CITY 浦添

 4DXの利点は方々に施設があるということです。これがIMAXだとより少なくなりますから、恩恵を受けられる地域が限られます。そもそも通常のリバイバル上映すりゃいいじゃないかという声が聞こえて来そうですが、それでは全国規模の上映自体が儘ならないのかもしれません。

 1989年公開時以降は、企画・イベント上映されたり、WEB投票型上映企画などで小規模に上映されたことはありますが、今回くらいの規模で再度スクリーンにかかるのは初めてだと思われます。4D系で酔いやすいとかなければ、全国規模上映のこの機会をお逃しなく。

上映館はユナイテッドシネマだけではない

 パトレイバー公式サイトに劇場一覧ページが用意されているのですが、パトレイバー情報の告知で多用されているTwitterでも一度しかツイートされていません。

このツイート以降に、ユナイテッドシネマのTwitterアカウントがツイートした「上映劇場一覧」が含まれた投稿をリツイートしているのですが、当然ながらその一覧にはユナイテッドシネマのみで、それ以外の映画館は含まれていません。

 東北、四国、中国地方などを見ると分かりますが、今回の上映はユナイテッドシネマだけではありません。他のところもあります。パトレイバー公式がリツイートしたものしか見なかったら、東北、四国、中国地方では上映が無いと勘違いされます。というかTwitterでも勘違いしてる人がいました……

公式Twitter

 あと公式Twitterが活発に動く時間というのが22時前後なんですよね。

ja.whotwi.com

せっかく予約ツイートがTwitterの標準機能として追加されたんですし、ファンサイト会員募集とか4DX上映について、もう少し定期的に幅広い時間帯でツイートしても良いと思うんですが。

 ちなみにTwitterのタイムラインに人が多くいる時間や拡散しやすい時間帯というのは、何年も前から複数の会社から調査結果が発表されています。結果は大体どれも同じ傾向です。昔の調査から結構変わっているとすれば、「お気に入り」が「いいね」に変わってから、リツイート数よりいいね数の方が上回る傾向になったことでしょうか。仕様変更でフォローしている人のいいねが自分のタイムラインに出て来るようになったなど、タイムラインでのツイート接触機会の変化もあります。

 チラシなどに記載している情報告知ツールのメインを「Twitter」にしているパトレイバー公式ですが、その割には告知の頻度やEZYへの期待の持たせ方など、使い方が上手くない様に思います。

 前にも書いたのですが、特にEZYについては動いているのかさえ危ぶむ人がTwitterや5ちゃん、ふたばなどの掲示板で散見されます。これは能動的に情報収集をしていない普通のファンの普通の反応だと思います。公式TwitterではEZYが動いているんだなと感じさせる投稿というのが2018年8月に開設されて以降、打ち合わせの様子など高田先生のツイートのリツイートを含めても数回しか投稿されていませんから、当たり前かもしれません。更にぴあ株式会社から出版された「泉 野明ぴあ」のHEADGEARメンバーへのインタビューでEZYについてもかなり言及されていますが、そのことをフォローするツイートもパト公式Twitterからはありません。

 

機動警察パトレイバー 泉野明ぴあ (ぴあ MOOK)

機動警察パトレイバー 泉野明ぴあ (ぴあ MOOK)

  • 発売日: 2020/03/31
  • メディア: ムック
 

 

 2018年8月にパトレイバーの日制定と共に大々的にEZYについて告知してから、もうすぐ2年です。他のアニメが「アニメ化決定」などの発表を実際の放送時期などから早くて1年、だいたいは半年からもうちょっと前くらいに発表することを考えると、EZYはかなり早い段階で発表されました。EZYの名は出さずパト新プロジェクトを開始すると、数年前よりパトレイバーの権利管理を行っている株式会社ジェンコ社長でEZYプロデューサーの真木氏が公にしてからは3年経過しています。この情報はネットメディアに取り上げられるなど割と大きく扱われたので、人によっては待っている期間に1年ほど感覚の違いがあります。

 EZYについて、HEADGEARの方々がイベントトークで語っている動画がイベントのYouTubeチャンネルで無料公開されていたりするのですが、パトレイバー公式Twitterはこれらを紹介する際も、EZYについて言及している旨のコメントを付けたりしていません。EZYについてファンに興味を持たせ続け、期待をさせる工夫というのが無さ過ぎるようです。

 打ち合わせの様子画像のことを言いましたが、これだけ時間をかけてプリ・プロダクションをやっているんですし、打ち合わせが2、3回ということは無いでしょう。こういった打ち合わせに全く担当者が同席しないことがあるんでしょうか?支障をきたさない範囲で「打ち合わせやってます」的な画像をたまに投稿するだけでも、EZYに興味を持っているファンの感触が変わってくるんじゃないかな?と思うのですが、そういうのはアカウント開設当初に少しあったくらいですしね……

 公式Twitterはグッズ宣伝ツイートが多い傾向ですが、まぁそれは仕方ないとしても、EZYへの期待のさせ方が上手いとは言えないでしょう。そして今年の8月に公式ファンサイトも動き出すという事なので、8月10日付近は何かありそうな気配がします。

 監督が誰なのかさえ未だに不明ですが、HEADGEARのほとんどが参加するということでクリエイター陣への心配というのはないのですが、プロデュースする側が心配です。