Wikipediaのサンダーバード日本語吹替キャストについて

サンダーバード6号 - Wikipedia

サンダーバード (テレビ番組) - Wikipedia

 ウィキペディアの上記二つの項目にある「声の出演」、特にサンダーバード6号テレビ放映版の吹替キャストは、2018年9月13日現在は下記のようになっています。

f:id:oheru:20180912000031j:plain

色々調べてみると、テレビ放映版6号吹替にこのキャスト・バージョンがありそうにないのです。劇場公開版(1作目)の日本劇場公開時の吹替キャストは、テレビシリーズと同じで合っているのですが、

▼劇場版1作目のパンフ(劇場版サンダーバード&サンダーバード6号・スペシャルBOXに付いてた復刻版パンフより)

f:id:oheru:20180913000337j:plain

2作目サンダーバード6号はテレビシリーズと全く同じではありません。

 劇場公開時に、ジョン(市川治)、アラン(石立鉄男)になっています。これは6号公開当時の劇場パンフにも書いてあります。

▼劇場版2作目(6号)のパンフ(劇場版サンダーバード&サンダーバード6号・スペシャルBOXに付いてた復刻版パンフより)

f:id:oheru:20180913000320j:plain

 そうなると、テレビ放映版6号のジョンとアランは誰なのかですが、サンダーバード6号のLDジャケットには、アラン(古川登志夫)、ジョン(永田博丈)と、記載されています。ジョンとゴードンの永田さんなのですが、博文となっている文献も見かけるのですが、丈の間違い、誤植でしょう。兼役なのは6号のテレビ放送版吹替でゴードンのセリフがほとんど無いからだと思われます。オリジナルの英語版でも兼役はあるので、別にどうということはありません。

▼劇場版サンダーバード&サンダーバード6号・スペシャルBOXの1作目ジャケット裏

f:id:oheru:20180913000436j:plain

 さらに6号テレビ放映版のスコットとバージルも違います。2作目のサンダーバード6号テレビ放映版では、スコット(村山明)、バージル若本紀昭 現・規夫)です(上画像参照)。Wikipediaに書いてあるのは、劇場版1作目のテレビ放送版キャストでしょう(下画像参照)。実際聞いても石丸さんの声と村山さんの声が別人というのは判別つきます。

▼劇場版サンダーバード&サンダーバード6号・スペシャルBOXの2作目(6号)ジャケット裏

f:id:oheru:20180913002747j:plain

 

 

そんな訳で、こうなります。

f:id:oheru:20180913145500j:plain

 

 

 語らずにいられないのですが、映画2本の劇場公開版吹替というのは紛失だか汚損だかで、現在聞けません。ただ、サンダーバード6号のソノシートが存在し、その音源が劇場公開版の物なのです。

www.nicovideo.jp

 劇場版2本のサンダーバードUA(ユナイテッド・アーティスト)の作品で、MGM/UA作品の日本国内でのビデオソフト化はメーカーがワーナー・ホーム・ビデオだった頃もあるんですが、現在は20世紀FOXからになってます。

 この20世紀FOXの日本法人、20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパンは「吹替の帝王」というシリーズを発売しています。これは、テレビ放送などで、複数作られた吹替キャスト違いの音源を収録するというシリーズです。

 日本でスーパーマリオネーション版の映画2本がブルーレイ化されるような事があれば、現存する吹替音源

  • 上記の旧テレビ放送時音源(カット版)
  • VHS・LD収録の新規録音音源(これも厳密に言うとノーカットではない)
  • DVDにも収録済のNHK放送時新規録音音源(これはノーカット)

を収録した「吹替の帝王」で発売して欲しいですね。出来れば『サンダーバード6号』のソノシート音源も何とか入手して特典として収録して欲しいもんです。