KATO「1/150 パトレイバー計画」が発表

 鉄道模型の国内大手にKATOというブランドがあるのですが、そこから「1/150 PATLABOR計画」という商品の情報が出ました。

 鉄道模型のサイズにNゲージというのがあり、その縮尺が1/150前後なのですが、その列車を走らせるジオラマ鉄道模型界ではレイアウトと呼ばれる)に合わせたサイズのレイバーやキャラのフィギュアが計画中という話です。第1弾はイングラムグリフォン、第2小隊メンバーで、2018年8月4、5日に東京ビックサイトで行われる「鉄道模型コンテスト2018」で試作品の展示するそうです。

 さらにこのコンテストでは、高田明美先生による「T-TRAKジオラマコンテスト2018 パトレイバー賞」の選定も予定。

 T-TRAKとは、レールの配置場所が決まっているジオラマベースで、このベースを複数繋げることが可能。ベース毎に色々な風景にすることも可能で、その中を鉄道模型を走らせることが出来るものです。

 イングラムはだいたい全高5センチちょいの大きさになるはず。過去にこのサイズの商品というと、テレビシリーズの放送時に不二家から食玩として発売されたプラキットがこのサイズ。バンダイの1/60スケール以上のラインナップで、第1小隊の初代パトレイバーとしてお馴染みの大将、そしてパイソンもラインナップされていました。

 今回のTwitterの反応を見てみると、いろんな風景のジオラマにレイバーを置いてみたいというのと、劇場版のパトレイバー2やREBOOTで登場したようなレイバー輸送列車も出してほしいというような反応があるようです。

 この企画自体はもともとファン有志が行っていた活動が発端ということらしく、そちらの活動を見てみると色々な風景の中にレイバーを置いて楽しんだりしているようです。このようにファン活動が商品化活動につながるのも、パトレイバーファン層の広さといったところでしょうか。

 

 遊び方としては、アニメやマンガの劇中のような、レイバーが存在する風景を情景模型にして楽しむという点ではないかと思います。鉄道模型のレイアウトだけでなく、鉄道を含まないジオラマでも、Nゲージの建物模型などを流用してパトレイバーの世界観を再現して楽しめるといった感じでしょう。

 列車にレイバーを載せて走らせるということも、ご紹介したファン有志の方々もすでに試しているようですが、パト2やREBOOTのレイバー鉄道輸送シーンは物語創作上の嘘があります。1/150スケールのレイバーフィギュアをそのままの列車に乗せようとすると、幅が大きくて列車から飛び出してしまい、カーブで隣のレールを走っている列車と接触したり、カーブのトンネル内で接触したりするでしょう。なので、レイバーフィギュアとは別に、劇中に登場した輸送車両(搭載されたレイバーはもっと小さくするか、誤魔化したもの)が製品化されれば、走らせるという遊び方が可能になるのではないでしょうか。あとはパトレイバーの指揮車やキャリアといった、支援車両もあれば更に楽しめそう。

 

 

 今回の企画はNゲージサイズという点で、鉄道だけでなく、各社から発売されている建物のストラクチャー(模型)や自動車、人、動物、標識など膨大な小物が流用できるという点が売りポイントでしょう。トミーテックのジオコレのように、建物の組み立て済・塗装済みの手軽な商品も発売されていますし、組み合わせは簡単です。

 

 

 Nゲージサイズなら、特車二課の建物も立体化するメーカーが出てくるかも。なんせ二課棟は詳細な間取り図も設定されていますし、レーザーカッティングされた精密なペーパークラフトで発売なんてこともあり得るかもしれません。

 

mech.hateblo.jp

 こういう多様な風景の中に、ということになると、イングラムやピースメーカーといったパトレイバーの部類だけでなく、各種の作業用レイバーも欲しくなりますね。列車の通過する海辺で作業する水中レイバーとか、田園風景の中に豊作くんがいるとか、建設現場にいるブルドッグとか、鉄道がある風景の中にレイバーを組み込めます。商品化された際には、そういうレイアウトが見れるかもしれません。