『キャプテン・スカーレット』50周年記念本がイギリスで出版

『キャプテン・スカーレット』50周年

 昨年の『サンダーバード』につづき、同じスーパーマリオネーション作品『キャプテン・スカーレット』も2017年に50周年を迎えます。そういうわけで、本場イギリスでは記念本が10月に出版予定。

 『キャプテン・スカーレット』のストーリーを簡単に説明すると、主人公たちが所属するスペクトラムと言う組織と宇宙生命体・ミステロンの戦いです。

 地球人とミステロンのファースト・コンタクトが最悪だったり、主人公が第1話であんなことになっちゃったり、そこそこ大人向けな感じです。しかしかといって全く暗い内容かと言えばそうでもなく、女性だけの戦闘機チームがあったり、年輩の司令官が今で言うツンデレだったりと、今の時代に見ても遜色ないです。また、特撮もサンダーバードを経てますから、精密で迫力ある映像になっています。

 日本の特撮に与えた影響も多いとされ、隊員にパーソナルカラーを割り当て色の名前で呼ぶ、空中に浮かぶ基地など、日本の某特撮でも見かける要素があったりします。

www.superdramatv.com

 サンダーバードでも「Thunderbirds The Vault」という50周年記念本が出版され、日本では株式会社ボーンデジタルより「サンダーバード 完全記録」として発売されました。ぜひ『キャプテン・スカーレット』本も日本で発売してほしいところです。

 

Thunderbirds : サンダーバード 完全記録 [ハードカバー]

Thunderbirds : サンダーバード 完全記録 [ハードカバー]

 

 

 『キャプテン・スカーレット』50周年記念本は既にAmazon.co.jpに輸入品として商品は登録されており、中身も一部見れるようになっています。

 

The Captain Scarlet and the Mysterons 2017: The Vault

The Captain Scarlet and the Mysterons 2017: The Vault

 

 

f:id:oheru:20170829002826j:plain

f:id:oheru:20170829002839j:plain

f:id:oheru:20170829002902j:plain

f:id:oheru:20170829002922j:plain

 著者は元ファンダーソン(サンダーバードなどジェリー・アンダーソン製作作品のファンクラブ)会長のクリス・ベントレー氏。

 『キャプテン・スカーレット』は『サンダーバード』での反省からか、最初の段階で各キャラクターのプロフィール等が作り込まれていたり、マーチャンダイジング用のキャラ・メカ写真が多く存在していたりするのですが、今回の本はそれら以外にもメカや建物のデザインを担当したマイク・トリム氏のデザイン画も掲載される模様。

日本放送50周年は2018年

 日本での放送50周年を迎えるのは2018年1月なんですが、東北新社さんは何か考えてるんでしょうか。

 ジェリー・アンダーソン作品には未BOX化の作品が多いのですが、恐らくは放送当時の視聴率やおもちゃの売れ具合から、BOXも売れないと判断されているんでしょう。そう言う作品は「スーパードラマ!クラシック」で動画配信していくのでしょうが、そもそもネット環境が無いと見れませんし、動画配信サービスが群雄割拠のこのご時世、サービスが十年以上提供される保証はありません。

 ファンとしては、ハイビジョン・マスターからSD画質にダウンコンバートしたDVD化でも良いですし、ブルーレイディスクにDVD画質で収録し1ディスクに30分枠番組なら24話前後収録出来る「ハイレートSD」と呼ばれる廉価版でも良いので発売して欲しいです。

 話がズレましたが『キャプテン・スカーレット』はまだイギリスでも全話ブルーレイBOX化されていません。先陣を切って日本でのブルーレイ発売をお願いしたいです。本作は30分枠全32話なので、『サンダーバード』と異なりブルーレイ化の際にディスク枚数も少なくて済みますし、価格も抑えられるでしょう。