キャプテン・スカーレット50周年記念ボックスセット

キャプテン・スカーレット 50周年

サンダーバードの次は

キャプテン・スカーレット

 ジェリー・アンダーソンが『サンダーバード』の次に製作した『キャプテン・スカーレット』がイギリスで放送されてから今年50周年になります。

 そこであちらでは50周年記念商品の発売が予定されています。

www.bigfinish.com

このBOX SETは9月発売で予約受付中。商品ページを見ると、

Mini albums

Introducing Captain Scarlet by Angus P Allan
Captain Scarlet and the Mysterons by Angus P Allan
Captain Scarlet is Indestructible by Richard O'Neill
Captain Scarlet of Spectrum by Angus P Allan
Captain Scarlet versus Captain Black by Richard O'Neill

Adapted TV stories

Big Ben Strikes Again by Tony Barwick
Manhunt by Tony Barwick
The Trap by Alan Patillo
Special Assignment by Tony Barwick
Heart of New York by Tony Barwick
Model Spy by Bill Hedley
Flight 104 by Tony Barwick
The Launching by Peter Curran and David Williams

Also includes a brand new sixty minute Captain Scarlet anniversary documentary

 となっています。目玉は最後のドキュメンタリーみたいです。

www.bigfinish.com

 こちらの記事によると、

 メカニック・デザイナーのマイク・トリムや人形師のメアリー・ターナーのような主要なプロダクションチームメンバーの新しいインタビュー。チームの多くは故人となっています。しかし、スーザン・ハーマンの寛大さとサイモン・アーチャーの遺産(ジェリー・アンダーソンの公式伝記作家)のおかげで、このドキュメンタリーは特撮監督のデレク・メディングス 、 人形造形のクリスティン・グランビル、 美術監督のボブ・ベルら主要スタッフのインタビューを初めて収録する予定。これらの未発表のインタビューは、ドキュメンタリーの基盤を形成し、番組の起源と制作に渉る聞いたことのない多くの物語を提供。インタビューについて詳細は、7月と8月に発表される予定。

とのこと。

 当然英語だけでしょうがデジタルコンテンツ販売もあるので、日本からも購入出来る可能性が高いです。

 

 恐らくイギリスではこの他にも50周年記念の商品が出そうですが(レプリカフィギュア発売の情報もある)、日本でも何かしらやって欲しい所です。日本では初放送から50周年を迎えるのは2018年1月です。知名度では『サンダーバード』に及ばない『キャプテン・スカーレット』ですが、逆を言えば日本でまだ再評価される機会はあるはずです!

 漫画家の島本和彦先生は『キャプテン・スカーレット』が好きだとラジオで言ってましたし、東北新社が宣伝大使でも依頼して再評価の機運をもり立てて欲しい所です。それとぜひスーパードラマ!TVでHD放送して欲しいですね!

 

 ちなみに日本では『新キャプテンスカーレット』のタイトルでCS放送のみされた『New Captain Scarlet』が、9月にイギリスでブルーレイが発売されます。元々HD(たしか720p)で作られていたので、精細さはアップしてるはずです。

www.amazon.co.uk

日本でもCS放送で作ったホワイト大佐(中田浩二)の日本語吹き替え入りで発売して欲しいですよ。もうDVDでもいいから。