北米で劇場版サンダーバード、サンダーバード6号のブルーレイ2回目の発売

 日本では2017年4月末時点でサンダーバードの2本の映画

ブルーレイディスクは発売されていません。

 2000年代初めに発売されたDVDの方も廃盤となっているようで、市場流通分(恐らくもうかなり数は少ない)か中古で手に入れるしかありません。2枚組の廉価版も発売されましたが、こちらも同様です。

 ブルーレイは海外ではどうかと言うと、本国イギリスでは既に発売されていますし、日本よりサンダーバード知名度が低いといわれるアメリカでも2014年に発売されています。

 アメリカでは2014年にTwilight Timeという会社から限定3,000で発売されたのですが、今回は2017年6月にKino Lorberという会社に移って発売となります。

www.blu-ray.com

 UK盤と北米版の違いは映像方式とかUK版は1枚のディスクに2作品収録・北米版は1作品ごとに2枚のディスクに分けて収録とかあるんですが、多少収録された特典が異なるようです。音声解説も収録されているのですが、それを含め大半の特典がDVD版の流用のようです。DVD入手しそびれた方には嬉しく、DVD持ってる人には物足りないといったところでしょうか。

 2014年発売・北米版の新しい特典としては、

  • セリフ無しの効果音・BGMだけの音声トラック(2作品とも)
  • 映画史研究家2人の音声解説
  • Making Thunderbirdsというドキュメンタリー(HD・23分)
  • クリフ・リチャードとザ・シャドウズのテストフッテージ(HD・17秒)※これは劇中のとあるシーンで参考にするために撮影されたモノクロ映像。

日本では

 日本では一向に発売の話が聞こえてきません。何年か前にファミリー劇場で2本ともHD・日本語吹き替え(2003年のNHK放送時新録音声、DVDもこの音声)で放送されただけで、劇場版2本のHDでのソフト化はされていません。

 そして日本国内では今年2017年7月に1本目の公開50周年、2018年8月には2作目の50周年を迎えます。このタイミングで発売してくれるのが一番だと思うんですが、どうなんでしょう?

噂の日本語吹き替え……

 映画版の2本は、日本語吹き替えが数種類あるのはWikipediaにも書かれている通りです。ただ、色々な事実を加味すると多少間違いがあるようです。サンダーバード6号のソノシートがあるのですが、これは劇場版の音声を流用しており、その音声を聞くとアラン以外の声の出演はTVシリーズと同じ、アランはWikipediaで新録版の欄にある石立鉄男氏と思われます。

劇場版吹き替えの種類は

  • 日本での劇場公開に際し録音されたバージョン
    この音源はTV版キャストとほとんど同じで録音された。しかし紛失で使用出来ない状態にある、というのが昔から言われている話です。
  • テレビ放送に際し録音されたバージョン
    上記の音源が使用出来ないためか新録音された。キャストはTV版とは異なったメンバー。さらにテレビ放送用なので本編にカットがある。
  • LD発売に際し録音されたバージョン
    LD発売時に本編ノーカット用として、上記2つとは別のキャストで新録音された。
  • 2003年にNHK衛星と教育で放送する際に録音されたバージョン。
    TV版キャストを可能な限り集めて新録音したノーカット版。

があります。このうち『サンダーバード6号』の劇場公開吹き替え版は、ダイジェスト版的にその一部がソノシート化されています。

 東宝特撮作品ではソノシートや販売用8mmフィルムが、DVD・ブルーレイなどの特典映像として収録されていますし、この『サンダーバード6号』のソノシートが入手出来れば、同様に特典映像として収録出来るのではないでしょうか?もしこれが収録されれば、それだけでもだいぶ購入意欲を煽る商品になります。

劇場版吹き替えの現在

 劇場公開版吹き替えに関しては色々情報があるんですが、2003年のNHKでの放送時にフィルム(音ネガ、初号といった具体的な情報は不明)を見つけたが、フィルムの劣化が酷く音声は使えなかった。というのが当時のNHKウェブサイトに記載されていたらしいのですが、その後のサイトリニューアルなどでそのページは消失。今は確認しようもありません。

 あとはアニメーターの高木弘樹さんからツイッターで伺った話があります。

https://twitter.com/takawokukuru/status/857851394610442240

内容は上のリンクで確認出来ますが、

 昔、庵野秀明氏が東北新社で劇場版サンダーバード吹き替え版の0号プリントを試写してもらったら、フィルムは真っ赤、音声は雑音だらけだったという話。

 庵野さんが見たのが30年以上前の話らしい(氏はこの頃に「ザ・コンプリート・サンダーバード」というVHSの構成・編集を担当している)ので、現在そのフィルムがどうなっているのか。2003年頃に確認されたというフィルムがこれの事なんでしょうか。

修復は

 録音形態がどうなっているのか分かりませんが、ここ10年くらいでフィルム作品のデジタル修復技術は格段に向上しており、最近はフィルムの光学式サウンドトラックや音ネガと呼ばれるものからデジタルデータ化し、修復するシステムも登場しています。フィルムがよれていても大丈夫らしい。

av.watch.impress.co.jp

www.stereosound.co.jp

 上で触れたフィルムの状態がもうどうしようもなく、触れたら粉々になるとか、ビネガーシンドロームで溶けてるとかいう状態なら、現時点では手の討ちようが無いのかもしれませんが、なんとかなりそうなら予算をかけて修復して欲しい所です。なんてったって東北新社の黎明期を支え、同社の発展の基礎を築いた作品なんですし。多少価格が高くなっても、劇場版吹き替えが聞けるなら、という人は結構居ると思います。

 それと東北新社や、現在日本でUA映画のビデオソフト発売をしている20世紀FOXホーム・エンターテイメントには、昨今多く発売されている吹き替え・複数バージョン収録DVD・ブルーレイのように、

  • (存在が確認されて修復ができれば)劇場公開時版
  • 2003年のNHK新録版
  • 昔のTV放送版
  • LDノーカット版

も収録した仕様で、劇場版2本のブルーレイを発売出来るよう各方面に働きかけて欲しいです。何しろLD・劇場版「サンダーバード & サンダーバード6号」スペシャルBOX(ワーナー・ホーム・ビデオ発売)には、TV放送版とLDノーカット版が収録されていたんですし。