『サンダーバード ARE GO』エグゼクティブPのインタビュー記事が公開中

★「サンダーバード」関連の最新情報は逐次更新中、記事はこちらから

 2016年10月4日付けの海外WEBサイトで『サンダーバード ARE GO』のエグゼクティブ・プロデューサーであり、特撮部分のを手がけているウェタ・ワークショップ代表 リチャード・テイラー氏のインタビューが公開されています。

worldscreen.com Q&A形式のインタビュー記事には色々と興味深い話題が出ています。

経緯

 いくつか個人的に気になるところを挙げてみましょう。訳についてはだいぶ意訳してます。

Q.どのような経緯で懐かしいこのシリーズを復活させる事に関わるようになったのですか?

A.最初は幼年期の情熱から始まりました。私はしばしばウェタ・ワークショップのDNAには、部分的に『サンダーバード』に対する愛情があると言っています。

私は英国と移住先のニュージーランドで『サンダーバード』の放送を見て育ちました。ありがたい事に、移住した時ニュージーランドでも放送が行われていたので、私は『サンダーバード』に対する熱意を持ち続ける事ができました。

<略>

私は『サンダーバード』に対して情熱的で熱心な人と『サンダーバード』を復活をさせようとしました。我々はテスト映像を制作し、英国に飛びました。

我々はなんとかジェリー・アンダーソンシルビア・アンダーソンに会う事が出来ました。そして彼らは我々に承認を与えてくれました。

その当時、カールトン・インターナショナル・メディアが『サンダーバード』の権利を所有していました。我々は彼らにテスト版を売り込み、彼らは非常に暖かくそのアイデアを受け取ってくれました。しかしその後、カールトンがITVに買収され、悲しい事にプロジェクトはそこで消えました。

 これは2003年頃に製作された、棒で操作する人形劇版のパイロット版(放送局などに売り込み用映像、2005年放映予定と発表されていた)映像の事ではないでしょうか。

 

mech.hateblo.jp

 インタビューの中で、テスト版から11年かかってARE GOの制作に漕ぎ着けたような事をいっていますし、時期的には符合します。

シーズン2

 インタビューではさらにシーズン2以降の事も語っています

脚本家は常にキャラクターを紹介する必要がありません。なぜなら、シーズン2までに視聴者はトレーシーファミリーやキャラクターの間の関係を知っています。

これは個々のキャラクター展開とは対照的に、ずっと多く状況とトレーシーファミリーらのユニークな資質や技量にフォーカスすることが出来ます。物語はより大きい飛躍を遂げることができるのです。

 <略>

ロブ*1は非常に巧みにシーズン1からシーズン2を横断しています。

その中で非常に上手くB-ストーリー*2を織り込みました。シーズン3ではそれらを発展させ、場合によってはそれを完結させる機会を与えます。

番組のファンにとって、それは非常に幅広く感情に訴えるB-ストーリーが展開するのを見る事が出来ます。

 要するに「視聴者はシーズン1で登場人物たちの関係は把握しており、シーズン2では事故や災害の状況や登場人物が持つ資質にフォーカスして描く事が出来る。さらに各シーズンを横断するサブストーリーや伏線が配され、それを回収するエピソードがある」という事みたいです。

SITUATION

 シーズン1の放送時に見かける事が多かった感想として「救助要請側のそれまで対応が描かれていない」というのがあるのですが、これはクラシックシリーズの物語構成が

「事故・災害発生→現場での対応→対応が失敗→国際救助隊への救助依頼→サンダーバードや救助メカの活躍」

というある程度の型に添ったものであり、このステップが描かれる事に魅力を感じている人達の感想だと思われます。

 シーズン2から「Situation」にもフォーカスを合わせるということなので、事故や災害の状況・事態が描かれる可能性は高そうですね。

 

 テイラー氏はニュージーランドやイギリスでは結構多くインタビューを受けているようで、テレビ出演やネット記事も多く見かけます。日本ではキッズ向けの月刊誌などでARE GO記事の連載等はあるのですが、日本でスタッフのインタビューや制作経緯なんかを知ろうと思うと、DVDやブルーレイのBOXに収録されている映像や、講談社が出版している公式ガイドブック、特撮秘宝の記事とかくらいしかありません。web記事などはちゃんと翻訳して出してくれる所もないし、地道に情報収集するしかないです。

 

 

*1:シリーズ構成・脚本のロブ・ホージー氏

*2:サブプロット