読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュージーランドで2月25日から『Thunderbirds Are Go』シーズン2が放送

サンダーバード 特撮 アニメ

 サンダーバード ARE GOの制作を行っているニュージーランドのプケコ・ピクチャーズのブログに、同国でのシーズン2放送に関するリリースが出ました。

 2月25日(土)朝6時55分から、TVNZ 2でシーズン2が放送されるとのこと。

www.pukekopictures.com

 本国イギリスでは去年末から放送開始され、今年1月に第13話(シーズン2も全26話)まで放送。現在はシーズン1の時と同じく、休止になっています。再開はシーズン1と同じなら春から初夏あたりでしょうか。

 さて、日本での放送はどうなっているのでしょう?ここ数ヶ月の国内のサンダーバード関連の情報を書いておきます。

  • 10月にシーズン1が終了し、その後にCoCo壱番屋でARE GOのキャンペーン。
  • 3月開始の動画配信サービスで、サンダーバードジェリー・アンダーソン作品が配信予定。
  • 上記サービス開始に関連してか、3月にスーパー!ドラマTVでサンダーバード完全版(吹き替えの無い部分は字幕で補ったもの)が過去数度放送された16:9にトリミングされた素材ではなく、4:3オリジナルで放送予定。

こんなところでしょうか。

 日本でシーズン2が放送される情報はまだありませんが、もしやるとしたら春ごろでしょうか?まあ何の根拠も無いんですが。2月末に発売される3月の月刊テレビ情報誌か、3月末に発売の4月分で出てるかどうか、要チェックです。

UKメーカーから『サンダーバード』のフィギュアが発売予定

サンダーバード 特撮

6分の1、レプリカフィギュア

 イギリスのBig Chief Studiosというメーカーから、SF特撮・人形劇(スーパーマリオネーション)『サンダーバード』の1/6スケール・レプリカフィギュアが2017年後半に発売予定だそうです。

 

 

gerryanderson.co.uk

 画像の商品は(pending licensor approval)とあるので、日本で言う「版権元監修中」ってやつでしょう。さらにジェリー・アンダーソン公式サイトの記事によると、最初は人気作品である『サンダーバード』からスコット、ジョン、バージル、ゴードン、アランのトレーシー兄弟とペネロープとパーカーがラインナップ。

 さらにビークルもラインナップ。ビークルは内部再現がされており、外装パーツ取り外し可能というものだそうです。上記の画像にもFAB1(ペネロープ号)の画像がありますが、あの分厚いドアが劇中同様に開閉出来る模様。

 その後はスーパーマリオネーション作品『海底大戦争スティングレイ』『キャプテン・スカーレット』、『ジョー90』とライナップを広げるそうです。

追記

toyworldmag.co.uk

 こちらのサイトに「最も誠実で正確なバージョンを作成するために、ビッグチーフのアーティストは3Dスキャン(それは同社のデジタル彫刻家によってさらに処理された)をしました」とあります。3Dスキャンしデジタルデータ化された後に更にデジタル彫刻により調整された商品ということのようです。その元になった造形物がどういった素性の品なのかは具体的に書かれていません。

ーーーー追記ここまでーーーー

追記

 画像豊富な記事が出てきました。

idlehands1.blogspot.jp

news.toyark.com

 まだ仮デザインかもしれませんが、箱のデザインもいい感じですね。

ーーーー追記ここまでーーーー

販売

 販売はビッグ・チーフ・スタジオや一部小売店、ジェリー・アンダーソン公式サイトのWEBショップで発売予定、と記載されています。造形クォリティがかなり高いので価格もそれなりにしそうですが、今の段階で価格は書かれていません。正式な発売発表時に追って発表されると思われます。

 日本国内での発売は書かれていませんが、無ければwebショップで購入し個人輸入する形になるでしょう。過去に海外製『サンダーバード』フィギュアの国内発売前例があるので、国内の会社が輸入販売する可能性もありますが、現段階では不明です。

 

 画像を見ると、オーダーメイドのレプリカ1点ものなど一般流通に乗らない物を除くと、過去に色々発売されたフィギュアの中では、かなりクォリティーが高いように見えますね。